とれろくが推奨。2万人が読んだFXの勉強本!無料配布中。中身はこちら

【レビュー】ゲーミングチェアのJPRACINGの評判、会社概要まとめ

【レビュー】ゲーミングチェアのJPRACINGの評判、会社概要まとめ

JPRACINGのゲーミングチェアって買っても大丈夫?評判、会社概要、どんな国で作ってる?

とれろく
とれろく

そんな疑問が解決できるようJPRACINGについて徹底調査!ゲーミングチェア選びに迷っている方の参考になれば嬉しいですね。結論から言えばJPとついているものの輸入品。日本製ではありません。流通コストが高めで、メーカー直販のゲーミングチェアと比較すると割高だと感じています。では早速詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

ゲーミングチェアが人気のJPRACING

Amazonゲーミングチェア売れ筋ランキングにランクインするほど人気のゲーミングチェア「JPRACING」。特に人気なのがこちらのゲーミングチェア。

  • 約2万円。グレードは中の上といった所のゲーミングチェア。
  • 耐荷重150kgとしっかりした作りだから長く使えるタフ仕様。
  • ほぼ水平の165度リクライニング機能搭載、クッション付きで快適リラックス
とれろく
とれろく

JPRACINGのゲーミングチェアはオットマンが付いていないため、足を伸ばしてリラックスするのには少し不向き。リラックスよりも、パソコン作業を快適に行いたいという人むきのゲーミングチェア。値段は少し高めかな?という印象。

ちなみに、スペックと価格を比較した場合、他社より優れているのか?参考までにゲーミングチェア最大手のGtracingのゲーミングチェアと比較します。比較対象はJPRACINGと同じくオットマン無し、皮素材を採用したGT002シリーズのこちら。

関連記事:【購入済み】Gtracingのゲーミングチェアを評価する!体験レビュー

比較項目JPRACING Gtracing(GT002)
目安価格
※割引考慮
約19,800円約15,130円
カラーグレー、黒、青、赤緑、オレンジ、赤、黒、紫、青、白の7色
材質フェイクレザーフェイクレザー
サイズ約幅68.5*奥行61*高さ126~135.5 幅67.31*奥行51.15*高さ120.65~130.08
重量約22kg約22.18kg
最大耐荷重150kg136kg
リクライニング角度最大165度最大165度
リクライニング機能無段階調整無段階調整
付加機能ヘッドレスト
ランバーサポート
上下左右調整可能アームレスト
ヘッドレスト
ランバーサポート
高さ調整可能アームレスト
保証1年保証(スペア部品は埼玉県に有) 1年保証
補修用品・パーツ販売無しあり
日本支店ありあり
メーカー規模中小大企業
とれろく
とれろく

正直、数字で比較できるスペックで判断するならJPRACINGのゲーミングチェアは少し割高なような気がします。耐荷重がややしっかりしているのと、アームレストが上下左右調整できるのは利点ではあるものの・・。

スポンサードサーチ

JPRACINGってどんな会社?どこの国で作ってる?

そんなJPRACING。名前にJPとついている為、日本で作っているのかな?と思い販売会社や製造元を調査しました。

JPRACINGのゲーミングチェアはAmazonではVantozonが唯一販売しており、楽天ではARTPIECEを中心に複数の店舗が取り扱っています。

JPRACINGの販売会社

項目Amazon楽天
販売店舗 Vantozon ARTPIECE
住所東京都日野市高穂1022-2-1108
※アパートの一室
東京都台東区東上野1-17-3
荒井ビル1階101号室
会社名不明アートピース株式会社
問い合わせ先050356840110482783153
運営責任者長本 秀雄藤森 恭明
特定商取引法に基づく表記より
とれろく
とれろく

どちらの販売会社も実店舗を持っておらず、マンションやアパートの一室が営業拠点。販売会社からは製造会社を遡って調べることは難しそう。

そこで、JPRACINGの商標を管理しているのは誰か?調べると埼玉県川口市の「陳 邦文氏」が権利者として登録してあることがわかります。※参照元 特許庁情報より

そしてこの名前。私は知っています。

マウスやスマートウォッチで有名なBLENCKやタッチペンで有名なSemiroといったブランドを展開しているソウシア商事株式会社(埼玉県川口市)の代表取締役ですね。

関連記事
【暴く】タッチペンで有名なSemiroってどこの会社?本当の評判は?
【中国】マウスやスマートウォッチが人気のBLENCKの評判は?どこの国のどんな会社?

関連:ソウシア商事紹介Youtube動画

ソウシア商事はEC通販販売事業、国際貿易を中心の会社。各種製品を中国の製造会社にOEM製造を委託し、完成したものを日本に輸入、小売りしています。

とれろく
とれろく

DowinxやGtracingといった自社工場を持つゲーミングチェアメーカーは他社ブランドをOEM受託製造しています。JPRACINGはそういった中国の他社ゲーミングチェアメーカーに製造を委託していると考えるのが自然。JP=日本製造ではないので注意。

関連記事
【中国】ゲーミングチェアのGtracingってどんな会社?公式サイト、製造国を徹底調査!
【驚愕】ゲーミングチェアのDowinxの会社概要、公式サイトを調べて分かった事実

JPRACINGのゲーミングチェアの評判、口コミについて

ソウシア商事には日本人スタッフも働いており、日本人によるチェックも入っているため、中国で製造されているとはいえ、モノ自体はそこまで悪くありません。

実際、リアルな口コミで有名なツイッターでも、JPRACINGを選んで購入した人を見かけます。

ちなみに楽天で販売しているARTPIECEでの評価は平均4.7★。27人中23名が★5の高評価。(記事執筆時点)

★2を付けた人が1名いますが、自分で椅子の裏の布地を剥がし、その結果見た目が悪くなったというコメントで当てになりません。

Amazonでも評価も基本的には高評価ですが、説明書が入っていなかったり、座面が曲がって届いた、臭いがくさい、値段の割に作りがイマイチ。という低評価が付いています。

これらは海外で製造し、海上コンテナでまとめて日本に輸入していることが原因です。

とれろく
とれろく

JPRACINGという名前だから自動車メーカーのような日本の品質管理レベルをクリアした製造品という訳ではありません。あんまり期待しすぎては駄目。

少し辛口ですが、個人的には消費者に届くまでにソウシア商事と小売会社の2社が間に入っている為、流通管理コストが余計にかかり、割高になっていると感じます。

例えば今回比較したGtracingは自社工場を持つゲーミングチェアメーカーであり、Amazonでもメーカー直販なので、流通コストが低い=結果、製品のコスパも非常に良いものに仕上がっています。

購入するならGtracingのゲーミングチェアをオススメしたい。ちなみに私は悩みに悩んでGtracingを選びました。

関連記事
【購入済み】Gtracingのゲーミングチェアを評価する!体験レビュー
【中国】ゲーミングチェアのGtracingってどんな会社?公式サイト、製造国を徹底調査!

タイトルとURLをコピーしました