【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

なぜMACDのダイバージェンスは機能するのか?

なぜMACDのダイバージェンスは機能するのか?

MACDのダイバージェンスの有効性

とれろく
とれろく

今日はトレンドの転換、終焉が近いことを示唆するMACDのダイバージェンスについて解説。なぜ発生するのか?なぜ有効なのか?背景を含めて深く紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

MACDのダイバージェンスとは

ロウソク足とテクニカル指標の強さ。
この2つに乖離(かいり)が生まれることをダイバージェンスと呼びます。

MACDのダイバージェンス発生チャート

ロウソク足は下値を更新しているが、MACDの移動平均線は下値を切り上げつつある。このようにロウソク足と、MACDに乖離が生まれる状態をダイバージェンスを呼ぶ。

ダイバージェンスはトレンドの終焉、転換の前兆です。

今回のダイバージェンスも下降トレンドの終焉の前兆であり、その後、上昇トレンドへと転換しています。

このようにダイバージェンスが発生しているかどうか見ることで、トレンドの転換を早期に予知することが可能です。

とれろく
とれろく

実際にダイバージェンスが発生した実例を確認していきましょう。

MACDダイバージェンス 下落→上昇トレンド転換

実例1 日本たばこ産業の株価チャート

MACDダイバージェンス発生により、上昇トレンドへ転換したチャート1

実例2 東京エレクトロンの株価チャート

MACDダイバージェンス発生により、上昇トレンドへ転換したチャート2

実例3 アンリツの株価チャート

MACDダイバージェンス発生により、上昇トレンドへ転換したチャート3

とれろく
とれろく

どのチャートを見ても、MACDのダイバージェンスの発生の後、下落トレンドから上昇トレンドへ転換したことが分かります。

MACDダイバージェンス 上昇→下落トレンド転換

実例1 サイボウズの株価チャート

MACDダイバージェンス発生により、下落トレンドへ転換したチャート1

実例2 Zホールディングスの株価チャート

MACDダイバージェンス発生により、下落トレンドへ転換したチャート2

実例3 楽天の株価チャート

MACDダイバージェンス発生により、下落トレンドへ転換したチャート3

とれろく
とれろく

株価が上値を更新していても、MACDの上値が下落していれば弱気のサイン。上昇トレンドから下落トレンドへ転換する可能性が高い。

スポンサードサーチ

MACDのダイバージェンスはなぜ発生する?

価格とテクニカル指標の乖離であるダイバージェンス。

これはチャート形状により、発生したり、発生しなかったりします。

ダイバージェンスが発生するチャート、発生しないチャート比較

例えば上記2つのような一定のリズムで上値を更新しつづけるトレンドではダイバージェンスは発生しません。しかし下2つのように不規則に上昇するトレンドはMACDの計算式上、必ずダイバージェンスが発生します。

一定のリズムで上昇しているトレンドと比べ、不規則な上昇トレンドは弱気ムード増、利食い等による売り圧力の高まりが確認できます。

つまり、不規則な上昇トレンドの方がトレンド転換の可能性が高い

これを視覚的に分かり易くしたのがMACDのダイバージェンスです。
このことからMACDのダイバージェンスは有効である。と言われています。

MACDのダイバージェンスの弱点

そんなMACDのダイバージェンスですが、有効に機能しない場面も見られます。

MACDのダイバージェンスが機能しなかったチャート例

機能しなかった場面(例1

ダイバージェンスが機能しなかったチャート例1

下落トレンド中にダイバージェンスが発生したものの、トレンドが転換せず。再び下落トレンドが継続。

機能しなかった場面(例2

ダイバージェンスが機能しなかったチャート例2

こちらも同じくトレンド転換せず継続してしまった例。

機能しなかった場面(例3

ダイバージェンスが機能しなかったチャート例3

最後は1度目のダイバージェンスは失敗し、2度目のダイバージェンスでレンジ相場への転換に成功した例です。

このようにダイバージェンスが有効に機能しないこともあります。
MACDのダイバージェンスを使いこなすには、機能しなかった理由を押さえる必要があります。

なぜ機能しなかったのか?

機能しない場面で考えられる理由は次の2つ。

  1. トレンド継続を促す新規材料の発生。
  2. 他のテクニカル指標的に天・底の兆候が見られなかった。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1・トレンド継続を促す新規材料の発生。

MACDのダイバージェンスが発生し、市場が弱気(強気)になりつつある雰囲気が感じ取れたとしても、トレンドに影響を及ぼす新規材料が発生すればトレンド転換の前提そのものが崩れてしまいます。

新規材料の例
・各種経済指標の発表
・政府要人の発言
・決算情報・プレスリリース等

MACDのダイバージェンスを確認し、エントリーしたとしてもトレンド転換に影響を及ぼすような材料が発表されないかどうか?引き続き監視する必要があります。

2・他のテクニカル指標的に天・底の兆候が見られなかった。

ダイバージェンスが見られても、RSI、出来高といった他のテクニカル指標で天・底の兆候となるサインが出ていなければ、既存のトレンドが継続し続けます。

天井付近では価格が買われすぎの水準になったり、出来高が急増したりします。

よってMACDだけを見るのではなく、相性の良いテクニカル指標を組み合わせるとより効果的に使いこなすことが可能です。

他のテクニカル指標にも兆候があれば、反転の可能性が尚高くなる。

ダイバージェンスと組み合わせる

とれろく
とれろく

ちなみに私はMACDのダイバージェンスを狙って売買することはありません。というのも数あるテクニカル分析の中でもかなり発生確率が低い部類に属する為です。普段は他のシグナルに従い取引し、もしダイバージェンスが見られたら、相場転換の可能性を疑う。このぐらいの利用がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました