【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

FXのMACD設定 ストップ・クロス決済を最適化

FXのMACD設定 ストップ・クロス決済を最適化

FXでMACDを使った取引手法の検証・考察。今回の記事は第4回目。

とれろく
とれろく

今回はMACDでエントリーと同時にストップロス注文を行い、利食いは反対シグナルで行うという手法の見直し、最適化を行います。※EAの配布も有り。

スポンサーリンク

MACDストップロス注文とクロス決済EA(自動売買)の詳細

今回はMACDのエントリーと同時にストップロス注文を出し、損失は限定する。利益確定の決済は極力伸ばすトレードルールをさらに深く考察していこうと思います。

まずは1回目の記事より、MACD のエントリーと同時にストップロス注文を行い、利益は伸ばしていく売買内容についておさらいします。

スポンサードサーチ

MACDストップロス注文とクロス決済EAの内容

この手法はこれまで紹介したトレード手法のミックスバージョンです。

MACDのシグナルと同時にエントリーし、ストップロス注文(損切り注文)のみ発注し、デッドクロス、ゴールデンクロスで決済し合うことで、損失を限定し、利益を伸ばす。そんなトレード手法です。

MetaTrader4のEA クロス決済方法の画像

最初の赤丸部にある青矢印はゴールデンクロスによる買いエントリー、青矢印の下にある赤い線が損切り注文です。ゴールデンクロスが発生する都度、買いポジションを重ねていき、デッドクロスが出れば全て決済します。

ゴールデンクロス、デッドクロスによるドテン売買の要素を取り入れつつ、損切り注文を同時に出すことで損失も限定することのできるトレード手法です。

このトレードルールにてドル円の日足、2000年から2019年に売買していたとすると、次のように資産が推移していました。

MetaTrader4のEA クロス決済方法の資産推移

最終的にはプラスで終えることができていましたが、2009年~2015年の間の成績は芳しくなく、他2つのトレードルールのほうが機能しています。

この検証ではMACDのパラメーターを12:26:9という一般的な値、損切り幅は200pipsとしていました。

これらパラメーターをこれまでの記事と同じく、MeraTrader4の最適化の機能を使って見直ししてみましょう。

MACDストップロスとクロス決済EAの見直し・最適化

最適化は次のような形で行いました。

FastEMA 2~100の値で2刻み 50通り
SlowEMA 2~100の値で2刻み 50通り
Signal 2~16の間で2刻み 8通り
損切り幅 50pips~500pipsの間で50pips刻み 10通り

50×50×8×10=20万通りの組み合わせ

最適化グラフは次の通りになりました。

MetaTrader4のEA クロス決済方法の最適化グラフ

横軸はFastEMAの値、縦軸はSlowEMAの値です。赤丸部のFastEMAが52~72程度の間、SlowEMAはFastEMA+20近い値の所の組み合わせが良い成績となっていることがわかります。

この赤丸の組み合わせ範囲で優秀なパラメーターの組み合わせはこちらです。

FastEMA 64 SlowEMA 82 Signal 4
損切り幅 350pips

MACDのパラメーターは2回目の記事「MACDドテン売買」出てきた最適化の結果とほぼ同じ。

ドル円の日足の場合はMACDのパラメーターを大きくとる方が良い結果になりますね。

さて、このパラメーターで売買した結果は次のグラフです。

最適化後の資産推移

プロフィットファクターは2.96、ドローダウンは19.32%です。最大のドローダウンが発生した時期は円キャリートレードが盛んに行われた2000年から2001年。ドル円が107円から123円へと急騰した時期。

2008年頃のサブプライムローンの時も少し負けが込みました。ただ、その程度の相場の増減であれば最終的にプラスに持って行くことに成功しています。

MACDドテン売買と比べると安定性があり、MACDリミット・ストップロス注文と比べると少しリスクがある、ちょうど中間ぐらいの成績となっています。

スポンサードサーチ

MACDストップロス注文とクロス決済EAの応用

それでは他の時間軸、他の通貨ペアだとどのような結果となるでしょう?

ドル円 4時間足の場合

ドル円4時間足の資産推移

良さそうなパラメーターの組み合わせはMACDのパラメーターを80:98:2、損切りを50pipsでした。この組み合わせの結果が上記のグラフです。

日足と比べるとトータルの収支で負けており、プロフィットファクターも1.26、ドローダウンは18.09%でした。ドル円の4時間足では通用しにくいトレードルールですね。

ポンド円 日足の場合

良さそうな結果はMACDのパラメーターを6:46:2、損切りを650pipsとした上記グラフです。ただし、ドローダウンが38%あり成績が安定していません。

ポンド円はMACDストップロス注文とクロス決済オーダーは通用しにくい。

 

ここまでいくつか考察を重ねてきましたが3回目のトレードルールが一番優秀。3回目のトレードルールをさらに見直しした方が良好な結果が得られそうな為、今回の記事の考察はココで終わりにしたいと思います。

MACD逆指値とクロス決済EAの配布

ソースコード含め、以下にダウンロードリンクを載せています。

試してみたいかたはどうぞご利用ください。

ダウンロードされる方は、この記事の是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

無料「FX投資マスターガイド」が使える件

FXで勝ち続けたいならブログ読むより、FX投資マスターガイドを入手した方が良いらしい。そんな話を聞いて無料の電子書籍「FX投資マスターガイド」を入手してみました。入手した感想、中身のネタバレ記事はこちら

MACD 逆指値とクロス決済オーダー複数ポジション

タイトルとURLをコピーしました