【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【検証】FX業者によってレートの値動きが違う件

FX業者によって値動き、レートが違う件

今日のテーマ。

取引するFX業者により、値動きや為替レートが違う。

こちらでやっていきたいと思います。

以前、FXのスキャルピングは難しい取引です。

という、スキャルピングをディスるような記事を書いてしまいました。

で、この記事の中でも触れている、「取引するFX業者によって、値動きや為替レートが違う。」という点について紹介していきたいと思います。

値動きや為替レートが違うということは、当然、勝ちやすいFX業者も変わってきます。

なので、スキャルピングで勝ちたい。という人にこの記事は読んでいて欲しいですね。

それでは早速、値動きの違いについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

FX業者によって値動きが違う。チャート形状の比較

取引するFX業者によって、値動き、チャートの形状は異なります。
FX大手のA社のチャート画像(左)とFX中小のB社のチャート画像(右)の比較

FX業者によってチャートの形状が違う

スキャルピングで使うドル円の1分足チャートの比較画像です。青丸部、赤丸部など、右と左では大きく異なることが確認できます。

開くFX業者によってロウソク足の種別が異なる。

赤丸部を比較するとFX大手のA社の口座(左)のチャートは陽線で終えていますが。FX中小のB社の口座(右)のチャートは陰線で終えたことが分かります。

この違いはテクニカル分析のシグナルの信頼性が高くなるのか、低くなるのか?に影響を及ぼします。

適当なレートを配信しているFX業者だと、チャートに表示されるローソク足情報も適当です。

ヒゲ部分の発生の有無が大きく異なる。

青丸部を比較すると、左のチャートはロウソク足の上下にヒゲがよく発生しており、値動きが敏感・正確だということが分かります。対して右のチャートはヒゲの発生が少ないことが分かります。

例えばストキャスティクスは高値安値を使うテクニカル指標です。

A社とB社ではストキャスティクスのシグナルが出てくるタイミングが大きく異なります。

このように、FX業者によってレート、チャート、値動き、全然違います。

スポンサードサーチ

FX業者によってチャート形状が異なる。何が起きる?

FX業者によってチャート形状が異なれば、テクニカル分析のシグナルの発生タイミング、また発生の有無が大きく異なる。

だから同じスキャルピング手法を使っているのにA社では稼げて、B社では稼げないということが発生します。

スキャルピング手法を研究、分析するのも大事ですが、どこのFX業者で取引すれば良いのか?というのも非常に重要なポイントです。

FX業者によってどの程度値動きが異なるのか検証

さっきの値動きのズレって一時的なものじゃないの?

という疑問が生まれると思うので、過去4時間分のデータを比較したいと思います。

FX業者によって、値動きが違う

※見えやすさを考慮し、比較は高値と安値の2つのデータのみ行いました。

比較画像から2つのFX業者の高値は0.5銭前後、安値は0.2銭前後のズレが常に発生していることが確認できます。

特に、赤線の安値にいたってはグラフ右端でとても大きなズレが発生したことが確認できます。

このようにFX業者によって価格データは常にズレが発生しています。

当然、テクニカル分析のシグナル発生タイミングも開設するFX口座によって変わってきます。

スポンサードサーチ

FX業者により取引チャンスの量が変わる。

値動きが多ければ多いほどスキャルピングで稼ぎやすくなります。

上がったり、下がったりが多いほど、取引チャンスが増えます。

取引チャンスが多いほど、スキャルピングで稼ぎやすくなります。

この、取引チャンスの量もFX業者によって変わってきます。

先ほどのA社とB社のチャート比較画像へ、黄色の数字を書き足しました。

FX業者によって出来高が違う

左のチャートは130回、右のチャートには12回と数字を記載しています。これはチャートが動いた回数=出来高の値です。ソフトを使い、どれだけ動いたか実際に計測した結果です。

つまり、価格が上がって下がってという値動きが

左のA社は1分間の間に130回もあった。
右のB社は1分間の間に12回しかなかった・

ということになります。

当然、10倍以上の開きがあるので、A社の方が取引チャンスに恵まれていることが分かります。

【検証】FX業者によってレートの値動きが違う件まとめ

・FX業者によって、チャートの形が変わる。
・FX業者によって、価格、レートが違う。ズレが生まれる。
・FX業者によって、値動きの量、出来高が違う。

なので次の結論となります。

・同じ取引手法でもA社には通用して、B社には通用しないことがある。
・取引チャンスの量が全然違うことがある。
スキャルピング手法を勉強するのと同じくらい、FX業者は重要

スポンサードサーチ

ではどのFX業者で口座開設すれば良いのか?

この2つの記事でも紹介している通り、FXでスキャルピングするならGMOクリック証券【FXネオ】です。

これは私の経験値からオススメするFX業者です。

もちろん取引手数料が業界最安値水準、取引ツールが優れている。という条件は当たり前にクリアしています。
スキャルピングするならGMOクリック証券【FXネオ】。他のFX業者は紹介しません。

公式サイト:GMOクリック証券【FXネオ】


タイトルとURLをコピーしました