【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【公開中】ROA(総資産利益率)を使えば、経営効率が分かる。

ROA(総資産利益率)の使い方

本日の解説テーマはROA。総資産利益率です。

ぶっちゃけ、株式投資でROAを使って株価を評価することは少ないです。

強いてあげるなら、自社株買いを行いそうな株のROAをチェックする時ぐらいしか私は見ていません。

こちらの記事で少し触れているのですが、自社株買いを行う会社はROAが高めです。自社株買いは株価を押し上げる効果を持っていることから、自社株買いを狙い打ってトレードするのも良いですね。

さて、そんなROAですが、どのような指標なのか?早速解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ROAとは?その意味について

ROAの正式名称は総資産利益率Return On Assets)。

それぞれの和訳の意味は次の通り、Return(収益率) On Assets(資産の)です。頭3文字を取って「あーるおーえー」と読みます。

ROAとは会社の全ての資産を使ってどれだけ利益をあげられたのか?を測る指標です。

この値が良ければいいほど、どれだけ会社の資産を上手に使って経営が行われているのか分かります。

宝の持ち腐れをしていないか、豚に真珠になっていないか。お金や資産をきちんと運用できているのかを評価することができます。

似たような指標にROE(自己資本利益率:Return on Equity)があります。

こちらは総資産利益率でなく、自己資本利益率という違いがあります。

もし気になる方はこちらも合わせて読まれると良いですね。

ROEは正直、勉強しなくていい指標だと考えています。ROAだけでOK。

スポンサードサーチ

ROA(総資産利益率)の計算方法、求め方について

ROA(総資産利益率)の計算式は次の通りです。

ROA(%)=当期純利益÷総資産×100

当期純利益、総資産額はIR情報などで公開されているので、上場企業であれば簡単にROAを計算することができます。

仮に総資産が1億円だとした場合

当期純利益が1,000万円であればROAは10%(1,000万÷1億×100)
当期純利益が500万円であればROAは5%(500万÷1億×100)

というように計算できます。

経営効率はROAで測ることができる。

では、当期純利益は1,000万円で同じだけど、総資産額が違う場合の2社を比較してみましょう。

A社:総資産額が1億円 ROAは10%(1,000万÷1億×100)
B社:総資産額が2億円 ROAは5%(1,000万÷2億×100)

この場合、総資産額が1億円しかないのに、1,000万円も稼いだA社の経営効率が高いことが分かります。

総資産を上手に使えているということは、宝の持ち腐れをしていない。ということになります。

なぜ、ROAで経営効率が分かる?

ROAでどうして経営の効率が分かるのでしょうか?

答えは簡単です。

例えば、先行きが不安だかと、手持ちの現金を借金返済に充てずに多く保有している企業がいたとします。

そのような会社は当然、全ての資産(純資本+負債)に対しての利益額は小さくなるため、ROA(総資産利益率)が小さくなります。

非効率な経営を行っているとROAでバレるわけです。

必要以上の負債(借入金)を抱え込まず、手持ち現金を利用して適正に返済していれば、借入金の利息も減ります。

費用が減れば利益が上昇し、借入金を返済すれば総資産も減ります。

するとROA(総資産利益率)が高くなり、経営が効率的に行われていると評価することができます。

ROAが低くなってしまう理由は様々。例えば多額の設備投資を行ったものの、稼働率が低迷していればROAが低くなります。内部留保を多く抱えている企業もROAが低くなります。
どうしてこの会社のROAは低いのだろう?

そんな解決しにくい疑問が生まれたら、会社の中身まで要チェックですね。

減価償却費は増えてる?
設備投資してる?
内部留保(利益剰余金)は増加してる?
総資産は上昇傾向?減少傾向?
利益は増えてる?減ってる?

この辺りまで押さえると、ROA(総資産利益率)を余すことなく評価に使うことができます。

スポンサードサーチ

ROAが低い会社は要注意すべし

ROAはその計算の特性上、マイナスになる会社が出てきます。

日本の全市場(東証一部、二部、ナスダック、マザーズ等)の中からROAがズバ抜けて低い会社(マイナスの大きな会社)を探しました。

そんな会社の株価やROAを確認してみましょう。

東証ジャスダック (株)小僧寿し(9973)ROA マイナス114%

東証ジャスダック (株)小僧寿し(9973)のROA

持ち帰り寿司専門店として、一時期は2,000店以上の店舗を展開していた小僧寿し。30代以上の方であれば1度は利用したことがあると思います。

以前は800円近くあった株価ですが、今では23円と97%下落しています。

ROAはマイナス114%となっています。

ROAがマイナス100%を越えているということは総資本(純資産+負債)を超える当期純損失が発生しているということです。

完全に債務超過ですので、現在上場廃止の猶予期間入りとなっています。

もし、上場廃止となれば株券の価値は0円となってしまいます。

この例は少し極端ですが、ROAが低い会社は要注意する必要があることが分かると思います。

逆にROAが高い企業であればあるほど業績が安定していることが分かります。

ROAが高い会社は業績が安定している。

現在、ROAが高い会社として有名なのは東証1部 (株)カカクコムです。

価格.comという比較サービスを運営しており、ネット通販を利用する方であればほとんどの方が知っているサービスでしょう。

東証1部 (株)カカクコム(2371)ROAは35.52%

東証1部 (株)カカクコム(2371)ROAは35.52%

株価も大きく上昇しつづけていることが確認できます。

総資産の内、毎年35.52%が利益となっているという異常に儲かっている会社です。

ROAが高いけど、お買い得な株を探す

ROAが高い会社は、軒並み割高と呼ばれている水準にまで株価が上がっています。

「ROA ランキング」といった語句で検索するとROAの高い会社を一覧で見ることができます。

ROAが高い会社の株価はほとんど、手が出しにくいほど上昇しきった水準にあることがほとんどです。

ただし、たまにお手頃感を感じる株を見つけることもできます。

例)東証1部 東海カーボン(株)5301 ROA 29.6%

東証1部 東海カーボン(株)5301 ROA 29.6%

株価は過去のピークと比べると半分以下、PBR(株価純資産倍率)も1.16倍なのでそう高くない水準にあります。
2016年は7,929百万円の赤字。
2017年は12,346百万円の黒字。
2018年も73,998百万円の黒字。
2019年は前期と比較すると約半減ですが、36,100百万円の黒字を見込む。

ROAは29.6%という高い水準にあります。

前期と比較すれば利益が半減、また2017年から2018年にかけて利益が6倍近く増加したのは積極的なM&A、海外投資による影響が多く、今後も安定して利益を挙げられるか?といった不透明感から株価が反落しています。

ROAは高いけど、PBRで見れば株価はあまり評価されていない。

高いROAが続けば、純資産も増加し、増加に見合った株価に上昇することが予想されます。

こちらの会社の株価が今後上昇するかはともかく。

ROAを基準にフィルターを掛け、投資できそうな株をピックアップすることが可能です。

スポンサードサーチ

ROAの値に目安はない。

ROAの値を使って会社を絞り込む場合、目安となる値は存在しません。

高ければ高いほどいいのがROAであり、5%を越えているから優良企業・安心できる企業という線引きはとても難しいです。

同業他社で比較するのにROAは便利

有名な回転寿司といえば、スシロー、かっぱ寿司、くら寿司ですね。

もしそれらの会社からどこの会社に投資すべきか迷ったのであれば、ROAを比較するという方法があります。

2016年度~2018年度 回転寿司 各社ROA(総資産利益率)の推移

2016年度~2018年度 回転寿司 各社ROA

同じ回転寿司チェーンにも関わらず、ROAの水準が大きく異なることが分かります。

このような各社大きく異なるROAを確認した上で、

「もし原材料費の高騰が起きた場合、くら寿司、スシローは寿司ネタの品質・グレードを落とさずに同じお寿司を提供することができるだろうが、かっぱ寿司は品質を落とさざる負えないのでは?それって客足がより遠のくよね・・。」
「くら寿司とかっぱ寿司の寿司ネタを食べ比べてみようか。きっとかっぱ寿司の方が良いネタを使っているはずだ。だからROAが低いのだろう。もしかっぱ寿司の方が寿司ネタの品質が良いという情報が広く認知されれば、かっぱ寿司の業績はさらに上がるだろう」

といった仮定を作り、将来を読むことも可能になります。

ROA(総資産利益率)とROE(自己資本利益率)の違い

ROAと似た指標にROE(自己資本利益率)があります。

ROAは総資産(純資本+負債)に対し、どれだけの利益をあげられたのかを示す指標に対し、ROEは自己資本を使って、どれだけ利益をあげられたのかを示す指標です。

もし、異常なほど大きな借入金を使って、大きな利益を生み出してもROAではその事実を知ることができませんが、ROEを確認すると、値が大きくなっていることが確認できます。

◆例題)総資産1億円(純資本2千万円、負債8千万円)利益1千万円の場合

ROA= 10%(1千万円÷1億円)×100
ROE= 50%(1千万円÷2千万円)×100

どれほど負債を抱えているのか?貸借対照表を確認すれば分かります。

ただ調べるのが面倒な時はROAと合わせてROEの値を確認することで、総資産における、おおよその負債比率を求めることが可能です。

けど、今では負債比率は株式投資に重要ではありません。

よって、ROEは使わなくてもOKです。

タイトルとURLをコピーしました