【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【実例集】ストップ高のその後、翌日に空売りはOK?

ストップ高のその後、翌日に空売りOK?動きを調査

✔ ストップ高とは何か?その後の値動きを知りたい。
✔ ストップ高になった株を、買い上げ、順張りしたい。
✔ ストップ高となった株を翌日に空売りして稼ぎたい。

 

そんなストップ高にまつわる銘柄を利用したトレードを検討している方にストップ高となった株がその後どうなったのか?実例を集めました。

そもそもストップ高とは何か?そしてストップ高となった株がその後どのような値動きとなったのか?参考までに見ていきましょう。

まずはそもそもストップ高とは何か?

スポンサーリンク

ストップ高とは?

ストップ高とは値幅制限最大まで株価が上がることを言います。

最大まで上昇した株価は当日にこれ以上株価が上がることはありません。上がるとすれば翌日以降となります。

ストップ高になる値幅制限表

参考記事:株の値幅制限とは?値幅制限一覧表、ストップ安、ストップ高との関係

ストップ高となる値幅は株価によって異なります。

株価とストップ高となる値幅の例
株価が100円未満 前日の終値に対し30円価格が上昇すればストップ高。
株価が450円未満 前日の終値に対し80円価格が上昇すればストップ高。
ストップ高は急激な株価の変動により、投資家の大きな損失を防いだり、冷静さを取り戻してもらうために必要とされています。

ストップ高が起きる原因、その背景

ストップ高が起きる原因は多岐に渡ります

業績予想の上方修正だけでなく、風が吹けば桶屋が儲かる理論的なただの想像・妄想であったとしてもストップ高となることがあります。

ストップ高となった要因によって、その後株価が戻すか、さらに上昇を続けるか、判断することも可能でしょう。

またストップ高となりやすい銘柄にも特徴があります。

・もともと企業業績は好調にも関わらず、全く注目されていなかった銘柄
・東証1部ではなく、2部やジャスダックといった商いの薄い市場に上場している銘柄
・PBRが1倍割れの状態が続いていた銘柄

このような銘柄はストップ高となりやすいです。

このため東証一部上場の株がストップ高となる確率はとても低く、一般の投資家は聞いたことの無い銘柄ほどストップ高となる傾向が高いです。

なので一般の投資家の多くはストップ高となったという情報を得てから、その銘柄について調べることになります。

値幅制限のおかげもあり、帰宅後の夜中に情報収集を行い翌日にストップ高銘柄のトレードを開始する。ということも可能です。

ストップ高の後、翌日に空売りするか、それとも買いで入るか?

ストップ高となった株は様々なメディアで報道され、多くの注目を浴び、出来高も急増します。

よって、ストップ高となった銘柄は、引き続き活発な値動きが継続することからデイトレード、スイングトレーダーといった短期筋にとって絶好の取引チャンスを提供してくれます。

が、ここで問題となるのが、翌日に空売りで参入するか、それとも買いで参入するかです。

買いで入ろうにもストップ高となっている場合、基本的にはなかなか購入することができません。

勢いが強くとも成り行きで注文すれば、運が良ければそれなりの価格で購入できるものの、高値掴みをしてしまうというリスクを含みます。

翌日にすぐ空売りの場合は、さらなる株価上昇に備えておく必要があります。

空売り後、もし連続でストップ高となった場合は相当大きな損失を覚悟する必要があります。損切り注文を出そうにも、ストップ高銘柄は「そもそも買いにくい状況」にある為、なかなか約定しないということも考えられます。

ストップ高銘柄は活発な値動きから短期筋にとって絶好のトレードチャンスを提供してくれる。

ただし、買いで参入する場合でも、空売りで参入する場合でも、ある程度のリスクを許容する必要があります。

そこで、ストップ高となった株がその後、翌日以降にどのような動きをしたのか?事例を集めましたので良ければ参考にしてください。

スポンサードサーチ

ストップ高からその後2週間~3週間の値動き事例

まずはストップ高の後、2週間~3週間の株価の動きを見てみましょう。

※なおストップ高となった箇所には目印の為に赤線を引いています。

5216 倉元製作所 ジャスダック

1月6日にストップ高となり、その後注目。1/7、1/14と続けてストップ高。3度のストップ高のあと、現在株価は調整中。買いで参入していれば勝てた銘柄です。

ストップ高となった5216 倉元製作所 ジャスダック

もともと上場廃止となる可能性があった同社の株ですが、ラスベガスで開催される世界最大規模の電子機器製品の見本市「CES 2020」に初参加すると発表されたことが原因でストップ高。

6946 日本アビオニクス 東証2部

1/6にストップ高となり、その後1/8にもストップ高が発生。初日のストップ高の翌日に空売りしていれば十分勝てていました。半分近く戻した後、株価はさらに上昇を続けそうです。押し目でも勝つことができた銘柄だと言えます。

ストップ高となった6946 日本アビオニクス 東証2部のチャート

ストップ高の原因は中国で原因不明の肺炎が発生したというニュース。空港などで発熱者をチェックする赤外線サーモグラフィシステムの開発している日本アビオニクスの株が買われた様子。

9691 両毛システムズ ジャスダック

1/6にストップ高となった後、1/7、1/8と3日連続でストップ高となりました。その後1/14には逆にストップ安となるほどの調整が入るという、とても極端な動きをしました。

ストップ高となった両毛システムズのチャート

Kabutan 2020年1月8日の報道によるとストップ高の原因は次の通り。

バスの自動運転の技術開発に取り組んでいる群馬大学とは共同で研究を進めているほか、昨年12月にソフトバンクグループ<9984>とトヨタ自動車<7203>の合弁で立ち上げたMaaS開発の企業連合に参画、更に同社株の過半を保有するのがミツバ<7280>で親子上場関連のテーマに乗る。

3842 ネクストジェン 旧ヘラクレス

12/23はストップ高となり最高値で張り付きました。その翌日もストップ高となった。ただし、それ以降は株価は振るわず調整中。現在は再度上昇しそうな気配があるものの出来高に乏しい。

ストップ高となったネクストジェンのチャート

ストップ高の原因は株式会社タカコムとの資本・業務提携に加え、新株式発行です。中長期的に業績の向上が狙えるニュースでしたが、期待感から先行して株価が上昇。

6380 オリエンタルチエン工業 東証2部

12/23にストップ高で張り付き、翌日も高値でスタートしたものの、下落。

ストップ高となったオリエンタルチエン工業のチャート

現在の株価は690円と過去の株価とほぼ同水準にまで下落。ストップ高の原因は自己株式の取得のニュースです。株主への還元を目的でしたが急騰と、急落と思わぬ値動きとなりました。

ストップ高からその後2週間~3週間の値動き事例まとめ

実際に業績が向上したというニュースではなく、「今後業績が改善するだろう」という程度のニュースでストップ高が頻繁に発生しています。

その後の値動きでも、ストップ高が連続して発生した銘柄もあれば、すぐに戻してしまう銘柄もあり、単純にストップ高となったから空売り。買おう。という判断で勝つことはできないことが分かります

ではストップ高から1か月~3か月も経過すれば株価はどのような値動きとなっただろうか?もっと長期のスパンで株価の推移を見てみよう。

ストップ高から、その後1~3か月の値動き事例

つぎにストップ高の後、1~3か月経過した株価の動き例を見てみましょう。

さすがに注目が薄れ、出来高が激減していると予想されるが、株価はどのように推移したのだろうか?

※なおストップ高となった箇所には目印の為に赤線を引いています。

3898 トミタ電機 ジャスダック

11/26にストップ高となり、その後反落したと思えば、12/2、12/3と続けてストップ高が発生。その後1か月以上、株価は下落を続けたが1/14には最後ストップ高が発生している。

ストップ高となったトミタ電機のチャート

表立ったニュースが無いものの11/26に株価は急騰、ストップ高となりました。通期の黒字化は厳しく、上場の継続前提に重要事象が発生しているにも関わらず株価は上昇。

8057 内田洋行 東証1部

12/2にストップ高、続けて12/3にもストップ高となった銘柄です。その後株価はじわりと高値を更新し続けました。

ストップ高となった内田洋行のチャート

12/2は同社の第1四半期の決算発表があり、前期比売上高48.8%増。1株辺り純利益は約250倍と大幅な増収増益だったことが好感されてストップ高、翌日には小中学生向けのIT予算が盛り込まれるという報道により、関連銘柄である内田洋行にさらに買いが集まりストップ高。

6656 インスペック 東証2部

12/3に最初のストップ高があり、その後、連続して5回のストップ高を繰り返しています。1か月近くで株価は約3倍と急騰しました。

ストップ高となったインスペックのチャート

世界初となるロール型シームレスレーザー直描露光機の開発が完了し、新事業を開始するという発表を受けて株価が急騰しました。その後に発表された第2四半期決算の内容も良かったことからさらに株価は上昇を続けています。

3753 フライトホールディングス 東証2部

11/5にストップ高が発生。翌日にはすぐに下がったものの、押し目で反転。上昇したと思えば急落しました。

ストップ高となったフライトホールディングスのチャート

11/1に業績予想の修正があり、売上17.6%増、営業利益40%増となる見込みだと公表されました。それを受けての株価上昇でしたが後半は一気に失速。2日続けて大陰線となりました。なお大陰線となった理由は不明です。

スポンサードサーチ

株のストップ高とは?ストップ高のその後、翌日に空売りOK? まとめ

このようにして、様々な株のストップ高のその後を追ってみると、値動きがとても荒く、ストップ高が続く場合もあれば、逆に大きく下がるケースも多々あることが分かります。

実例を様々見てみると、改めてストップ高の後、上がるか下がるかを予想するのは一筋縄ではいかない。ということが分かります。

ストップ高の翌日に空売りすれば儲かる。なんて単純な考えは通用しなさそうです。

逆にストップ安ならどうだろう?こちらも実例を集めました。

【実例集】ストップ安のその後、翌日の空売りは?

タイトルとURLをコピーしました