【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【FX】2020年 南アフリカランドの見通しは下落予想。

南アフリカランドの今後の見通し、予想は下落方向

2020年 南アフリカランドの今後の見通しは下落。投資は危険

FXや外貨預金で人気の南アフリカランド(ZAR)
高金利に惹かれ、投資を行う人が後を絶ちません。

南アフリカランドの政策金利

最新の南アフリカランドの政策金利はこちら

上昇と下落を続けているものの、未だ5%以上の金利。金利・スワップポイント目当てのトレーダーにとって魅力的。

そんな南アフリカランドですが、私の見通し・予想は下落、投資するのは辞めておいた方が良いという立場を表明します。

あ。初めまして私は16年間、外国為替市場で生き残り続けているプロのFXトレーダー狭間です。縛りの無い、中立の立場で記事を書き続けることに定評です。
少なくともこの記事を書くことで私には1円の収入にもなりません。正しい情報を広める為だけに記事を書いています。

私はこれまで、危ない投資先として、様々な通貨の危険性、スワップ取引の危険性を書いてきました。

FXスワップ取引は儲からない?大損・退場者続出のワケ

【大損・地獄】トルコリラに投資・駄目絶対【債権・FX・投信】

【FX】大損続出!豪ドル(AUD)の特徴 為替・スワップ

【大損濃厚】ブラジルレアルの特徴。スワップ金利、FX・外貨預金

【危険】FXのルーブルには手を出すな!スワップの嘘

逆に投資すべき通貨というものも紹介しています。

【最強】シンガポールドル円の特徴。高いスワップポイント・金利

では南アフリカランドは投資すべきなのかどうか?

というと、見通しは下落トレンド。長期的に見ても下落を続けると予想しています。

スポンサーリンク

南アフリカランド/日本円の為替レート

まずは現在までの為替レートの推移を確認してみましょう。

南アフリカランド/日本円の為替チャート

最新の南アフリカランド/日本円の為替レートはこちら

1990年は1南アフリカランドは60円程度、現在は6.3円ぐらいなので、約90%も価値が下落しています。

間近5年の為替チャート

間近5年の南アフリカランドチャート

間近5年の高値は10円、現在は6.3円。ここ最近で考えても37%近く価値が下落していることが分かります。

なぜ南アフリカランドは下落を続けるのか?予想・見通しの理由を紹介していきたいと思います。

スポンサードサーチ

金利平価説、購買力平価説から見る予想と見通し

通貨、為替レートの売買を行うのであれば、押さえたい為替レートの決定理論

それが金利平価説と購買力平価説です。

とっても面白くない話なので、興味の無い人は読み飛ばしてもらってもOK。後半の「下落予想、見通しの理由」の方が読んでて楽しいと思います。

金利平価説から南アフリカランドを予測・見通し

金利平価説の解説 リンクwikipedia

金利平価説(きんりへいかせつ、英: Theory of Interest Parity)とは、為替レートの決定理論の一つで、どの通貨で資産を保有しても収益率が同じになるように為替レートが定まると主張する説。投資家がリスク中立的であると仮定し、2カ国の金利で投資を考えるとすると、どちらに投資しても期待収益率が同じになるような水準に落ち着くとする。

簡単に要約すると金利の高い国の通貨に投資したとしても、金利収入と同じ程度の為替差損を抱えることになるから、結局儲からない。という説です。

南アフリカランドは高金利通貨。金利平価説から考えれば、通貨安へと力が働きます。

購買力平価説から南アフリカランドを予測・見通し

購買力平価説の解説 リンクwikipedia

購買力平価説(こうばいりょくへいかせつ、英: purchasing power parity、PPP)とは、外国為替レートの決定要因を説明する概念の一つ。為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されるという説である[1]。1921年にスウェーデンの経済学者、グスタフ・カッセルが『外国為替の購買力平価説』として発表した。

簡単に要約すると、物価の増減に伴い、為替レートも調整される。物価が上昇し続ける国ほど、他国との均衡を保つために、通貨安の力が働く。という説です。

南アフリカランドは高インフレ国です。(参考リンク)2010年から見ても4%~6%程度のインフレが継続しています。購買力平価説から見ると、毎年、同程度の通貨安が発生してもおかしくありません。
金利平価説、購買力平価説から見るに、南アフリカランド/日本円の見通し・予想は下落トレンドの継続、通貨安方向へと圧力が加わり続けています。

経済指標を見ても、下落の予想・見通しは変わらない

では次に、理論だとか説だとか、そんな学者臭いことは辞めにし、経済指標から南アフリカランド/日本円の見通し、予想を行いたいと思います。

経常収支は赤字、お金の流出が続く

経常収支はその国がどれだけ儲かったかどうかを示す経済指標です。

南アフリカランドの経常収支

最新の南アフリカの経常収支はこちら

2004年を境に経常収支は真っ赤の大赤字。一考に黒字化する見通しが立っていない。ちなみに今後の見通しはさらなる赤字の増加です。
経常収支の赤字は通貨安の圧力を加えます。よって、南アフリカランドは下落すると予想できます。

経常収支の赤字の原因は鉄鉱石価格の下落、世界経済の投資低迷により供給が伸びにくいことから、輸出の伸び悩みが続いてることが原因とされています。

鉄鉱石価格は2008年の米国金融危機時に大きく上昇しました(参考リンク)それを受けても、経常収支は赤字のままです。

抜本的な構造改革を行わなければ南アフリカの経常収支の赤字は継続が予想されます。

南アフリカの財政収支は赤字 下落圧力増へ

南アフリカの財政収支も大赤字です。

南アフリカの財政収支

最新の財政収支はこちら

財政収支の赤字も通貨安への圧力を加えます。間近でいえばギリシャ危機が有名でしょうか。ギリシャも大幅な財政赤字により、通貨が大きく下落しました。

財政収支の赤字から考えても、南アフリカランドの見通しはとても悪い。

南アフリカランドは経常収支の赤字、財政収支の赤字というダブルパンチを貰っています。

次に日本円と、南アフリカランドを比較し、今後の予想・見通しを行いたいと思います。

スポンサードサーチ

日本円と南アフリカランドを比較し、予想する。

次は日本円と南アフリカランドを比較することで、今後の見通し・予想を行っていきたいと思います。

なんだかんだ言って最強の通貨日本円

日本は多額の借金を抱えているから、円安になるはず。そう考えているトレーダーは多くいます。

が、事実は違います。日本は世界で最大の債権国です。

日本の対外純資産額

引用元:日本が一番の対外純資産保有国…世界全体で対外純資産額の実情をさぐる(2019年時点最新版)リンクはこちら

世界一の金持ち国家です。専業トレーダーは貢献しているという記事でも紹介していますが、既に日本は金融立国。貿易による稼ぎよりも、豊富な債権から得られる利息、配当収入の方が大きい国です。

だから金融危機が起きれば円が購入される。そんな日本は最強の安全資産です。

南アフリカの対外純資産

では南アフリカの対外純資産はどのように推移しているのでしょう。

南アフリカの対外純資産額の推移

最新の南アフリカの対外純資産はこちら

これは予想外。対外純資産は増加傾向にありました。これだけを見ると、南アフリカランドって投資するのに良い国?って感じてしまうかもしれません。

が、問題は日本との比較です。

日本と南アフリカの対外純資産を比較すると次のようになります。

日本と南アフリカの対外純資産の推移

0ラインにうっすらと見える緑のラインが南アフリカの対外純資産です。日本と比較すれば、南アフリカの対外純資産の増加は微々たるもの。比較にならないことが分かります。
日本が対外純資産を大きく積み上げ続ける限り、円高圧力は加わり続けます。日本以上に南アフリカが買われる状態にならなければ、南アフリカ/日本円は下落し続けると予想できます。

IMFも南アフリカ共和国の見通しを下方修正

南アフリカの見通し・予測に対し、暗い未来を描いているのは私だけではありません。

IMF、2020年のサブサハラの経済成長見通しを下方修正 JETRO

IMFは下方修正の要因として、南アフリカ共和国で財政悪化などを背景に景況感や民間投資意欲が減退していること、エチオピアで債務の脆弱(ぜいじゃく)性を緩和するために必要な公的部門の健全化プロセスが成長の足かせになることを挙げた。域内2位の経済規模を有する南アの2020年の成長率予測は0.8%(前回1.1%)、2021年は1.0%(同1.4%)と、それぞれ下方修正した。

2020年の成長率が0.8%、2021年の成長率が1.0%って、新興国の中じゃ相当低い部類です。

どう見ても、南アフリカランドは投資先として魅力的ではありません。

スポンサードサーチ

【FX】2020年 南アフリカランドの見通しは下落予想まとめ

・南アフリカランドの見通し・予想は下落、投資するのは辞めておいた方が良い
・1990年は1南アフリカランドは60円程度、現在は6.3円、約90%の暴落
・間近5年の高値は10円、現在は6.3円。ここ最近でも37%近く暴落
・金利平価説と購買力平価説から見ても、南アフリカランドは下落する見通し
・経常収支、財政収支を見ても、南アフリカランドは下落すると予想
・日本以上に南アフリカランドが買われる見通しが立たない。
・IMFも南アフリカ共和国の見通しを下方修正

よって、南アフリカランドへの投資は非常にオススメできません。

 

外貨預金、スワップポイントで稼ぎたいのであれば、シンガポールドルと人民元がオススメです。参考:シンガポールドル解説記事シンガポールドルを毎月3万円積立た結果人民元解説記事
投資してはいけない通貨、投資するのにおすすめの通貨など、様々な通貨の解説まとめはこちらです。→ 通貨の特徴一覧を見る。
タイトルとURLをコピーしました