【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【公開中】PER(株価収益率)とは?意味のある使い方解説

PER

PERってどういう意味?どんな使い方をするの?

お任せください。こちらのコラムでPERを徹底的にわかりやすく解説しています。

PERって本当は使えないんでしょ?参考にならないんでしょ?

そういう見方もできますね。事実PERを全く見ずに株式投資をされている方もいます。

が、本当にPERが使えないのか?こちらの記事を読んでからでも遅くないはず。

私が現在【公開中】のPER解説記事自体、使えるかどうか?あなたに評価して貰えれば嬉しいです。
スポンサーリンク

PERとは?その意味について

PERの正式名称は株価収益率(Price Earnings Ratio)です。

それぞれの和訳の意味は次の通り、Price(株価) Earnings(収益) Ratio(比率)です。頭3文字を取って「ぴーいーあーる」と読みます。

PERとは株価と当期純利益を比較し、株が割安なのか割高なのかを判断する指標です。

株価が割安なのかどうかを測る指標には他にも、株価と純資産額を比較するPBR、資本金と利益率を比較するROA、ROEといった指標があります。

PERは株価と会社の当期純利益を比較することで、その会社の価値を測ろうとする手法です。

PERを使えば、その株価が適正なのかどうか?買われすぎなのかどうか?を測ることが可能です。株式投資を行うのであれば、PER(株価収益率)は重要視しておきたい指標の1つです。

スポンサードサーチ

PERの計算式、計算方法について知る

PERはこのように計算します。

PERの計算式

株価を、1株辺りの当期純利益で割ることで、PERを計算することができます。PERは何倍か?で表記します。この例ではPERが20倍ということですね。

PERの値が高い=利益額に対し株価が高いです。

これは割高というより、その株の将来性に対する期待値が大きいということです。

逆にPERの値が低ければ、割安≒それだけ将来性の期待値が低いということがわかります。

PERが低い会社を好んで投資する方もいます。が、PERが低い会社は一発屋のように、単年度のみ大きく稼いだ会社も存在します。稼ぐ力に継続性が無ければ、今後の株価上昇も期待できません。

PERの値が低いと、いかにも割安なイメージを受けることがあります。

だからといってPERが低すぎる会社に投資するのは待った!

PERが低い会社であれば、その利益が継続するのかどうか、をしっかり判断して投資を行う必要があります。

PER倍率の変化と、株価との純利益の関係性について

PERは計算式を知っただけでは、上手く活用できません。

そこで、PER倍率の変化と、株価との純利益の関係性について学んでおきましょう。

PERの値と株価、1株辺り当期純利益は次のような関連性を持っています。

株価が上がれば、PERは上がります。
株価が下がれば、PERも下がります。
株価は変わらず、1株辺り当期純利益が増加すれば、PERは下がります。
※ただし、下がったPERを補うかのようにその後、株価は上昇する傾向にあります。
株価は変わらず、1株辺り当期純利益が減少すれば、PERは上がります。
※ただし、上がったPERを修正するかのようにその後、株価は下落する傾向にあります。

このような関係性を踏まえ、PERを使って株価の評価を実際に行ってみましょう。

スポンサードサーチ

PERの見方、使い方、株価の評価方法

主なPERの使い方は2通りです。

1・同じ会社のPERが変化したかどうか?確認する。

同一会社でのPER推移を確認すると、これまでPERが10倍程度で売買されていた株が、PER 15倍程度で売買されるていることがあります。

これは、その会社への期待値が増加したことを表します。

PERの推移を確認することで、現在の株価は過去の株価と比較して、割高なのか、割安なのかの判断材料とすることができます。

次の画像はトヨタ自動車(7203)の過去1年のPERの推移です。

トヨタ自動車(7203)の過去1年のPERの推移

4月23日にPER 10.78を付けた後、急落し、その後じわりじわりと上昇しており、現在は10前後の値だということが分かります。

このPERの急落は1株辺り当期純利益が上昇した為に発生したものです。

トヨタ株にとっては良いニュースです。

良いニュースを裏付けるかのごとく、同期間の株価は次の通り上昇しています。

PERが減少するも、トヨタの株価は上昇している

この株価の推移だけを確認すると、「上昇しすぎでは?」「上昇の反動で大きく下がるのでは?」といった感情を抱くかもしれません。

ただし、PERで判断した場合、4月23日は10.78倍、現在の株価10倍程度なので、まだ株価は割安であり、若干の上昇余地を残している可能性を示唆しています。

このように1つの会社のPERの推移を確認し、現在の株価が割安か、割高なのかという判断材料とするのが1つ目のPERの使用方法です。

実際、1株辺りの純利益が上昇したのであれば、それに見合った株価へ上昇しなければなりません。でもそんなすぐ、株価が調整されるはずもないので、そこにトレードチャンスが生まれます。

2・業種別にPERを比較する。

業種が違うと、PERの平均水準も大きく変わります。

次の画像は日本取引所グループが公表している規模別・業種別PER・PBRより一部抜粋した画像になります。

業種別PER

建設業のPERは10.2倍に対し、食料品は21.2倍という具合に業種によって平均PERが大きく異なっているのが分かります。

買おうと思っている株がどの業種に属しているのか?、その業種の平均PERはどの程度なのか目安を把握しておくと、よりその会社を正確な評価することが可能になります。

業種平均PERが10倍であり、投資を検討している会社のPERが4倍であれば、もしかすると自分が知らない悪いデータ、将来予測が見つかるかもしれません。

また、まったく興味の無い業種であったとしても高いPERを示している業種があれば、その業種は今後成長が大きく期待されている業種であることを示しています。

ちなみに、業種別のPER推移をグラフ化したデータを作成しています。

どの業種がどれだけ期待されているのか?収益性と株価が変化しているのか?確認できるので便利が良いと思います。

3・同業他社でPERを比較する。

同業種であっても、伸びている会社、停滞している会社ではPERが大きく異なります。

例えば世界の自動車メーカーであるトヨタ自動車と、日産自動車の傘下に入った三菱自動車工業のPERは2倍以上の差があります。

三菱自動車工業のPERは5.47倍。株価も低迷

三菱自動車工業のPER

最新の三菱自動車のPERはこちらから

トヨタ自動車のPERは13.76倍、株価は上昇中

トヨタ自動車のPER

最新のトヨタ自動車のPERはこちらから

同業種間で複数の会社のPERを比較することで、どの会社に一番期待が寄せられているのかを把握することができます。

No1の会社のPERを知ることで、No2,No3の会社がNo1と同規模のシェア・売上・利益を計上するようになった場合、どの程度まで株価が買われるのかも想定することができます。

有り得ないたとえ話ですが、先ほどの三菱自動車工業がトヨタ自動車工業を抜きんでるような会社に成長したとします。

すると、株価は13.76倍÷5.47倍×487円=約1,225円まで上昇すると見込めるでしょう。

実際には多く見られる事例としては業界No4がNo3になる、No4の会社がNo5の会社を買収することによりNo2に躍り出る、といった事例が多い。このような変化に対し、どれほど株価が上昇していくのか?という予測にもPERを参考とすることができます。

PERは意味がない、参考にならない。そんなことはない。

ここまで読み進んで貰えたのであれば、PERは意味の無い指標。という考え方は変わってきてもらえたのでは?と思います。

確かにPERを使わずに株式投資は可能です。

例えば私はプロのテクニカル分析トレーダーです。

このような形で、超絶使えるMACDの取引手法を解説していたり、

これは株ではなく、FX取引ですが、システムトレードで売買したりしてトレードで稼いでいます。

また、私は個別株の評価は面倒なので、あまり売買しません(笑)株取引であれば投資信託を購入し、長期的な収益を見込んだつみたてNISAに取り組んでいます。

そんな私なので、PERを使わなくとも株の評価はできます。

上がるかどうか?ある程度予測することができます。

でも、PERを使って利益を稼いでるトレーダーもリアルに知っています。

彼はPERの倍率だけでなく、企業の内面、産業の動向なども予測しつつ売買するプレイヤーです。

PERは株式投資に使える指標の1つです。

どのような方法で株を売買するのか?というと人の好み次第。人によってはPERは使う必要はないでしょう。

スポンサードサーチ

おまけ 日経平均先物、米国株(S&P)などの海外の株価指数のPERをチェックしてみる。

PERは1つの企業の収益性だけでなく、業種別、また国別でも評価することができます。

それぞれ、どのようなサイトで確認できるか紹介したいと思います。

日経平均先物指数のPER推移

日経平均株価のPER推移はこちらで確認することができます。

個別株のPERと日経平均株価のPERを比較することで、その株の立ち位置。日本でどの程度期待されている株なのか?を目安で測ることができます。

米国株(S&P500)のPER推移

S&P500のPER推移はこちらで確認することができます。

海外のサイトなので苦手な方もいるかもしれません。

ただ、残念ながら日本でS&P500のPER推移グラフを載せているサイトは見つけられませんでした。

世界の株価指数のPER

世界で見た場合、日本のPERはどのあたりに位置しているのか?ランキング形式で見ることができます。

下から数えた方が早いのが悲しいですね。

PBR(株価純資産倍率)とPER(株価収益率)について

PERと肩を並べる財務分析の指標に、PBRがあります。

PBRとPER、どちらが優れた財務分析なのか?という問いはナンセンスです。

と、いうのもPBRとPERは大体、似たような動きをするからです。

先ほどの世界各国のPERが見れるサイトを見てみると分かります。

左のオレンジの目盛がPER、右の緑の目盛がPBRです。

PERが高い順にランキングしているのですが、PERが高い国はPBRも高い傾向が見て取れると思います。

PBRとPER、どちらが優れた財務分析なのか?という比較をする必要はありません。

PBRとPERの違いは把握しておくと良い

PBRは株価と純資産額を比較、PERは株価と純利益を比較するという違いがあります。

この比較対象の違いから、倍率の変化のスピードが違います。

PERの計算に使う純利益は、年度によって大きく増減します。

今年は黒字だったけど、来年は赤字。そんなこと株式市場では日常茶飯事です。

利益が黒字から赤字に変わると、PERはプラスからいきなりマイナスにまで急激に変化します。

PERは大きく下がることがあれば、大きく上昇することがあります。

この変化に、都度過剰反応する必要はありません。

PERの倍率は急激に変化するのモノ。このような認識でいてもらえればと思います。

ではPBRはどのような指標なのでしょう?

PBRは純資産と比較する指標でしたね。

純資産がいきなり、大きく減ってしまうことは少ないので、PERと比べると倍率の変化はゆるやかです。

なので、純資産が変化し、PBRの変化する。というような一喜一憂はほとんどありません。長い目で見守ってあげてください。

稀にいきなり、純資産が大きく減ってい、債務超過入りすることがあります。

こちらで、債務超過入りした会社の流動資産変化を紹介しています。

変化スピードは著しく、1年でいきなり債務超過入りし上場廃止となる会社があるのは事実です。

こんな会社の株を購入してしまわないように、PERやPBRの倍率だけでなく、その会社のビジネスモデルまできちんと把握し、株式投資を行っていきたいですね。

スポンサードサーチ

PER(株価収益率)とは?意味のある使い方解説 まとめ

・PERの正式名称は株価収益率(Price Earnings Ratio)
・株価と当期純利益を比較し、株が割安なのか割高なのかを判断する指標
・PERの値が高い=その株の将来性に対する期待値が大きい
・同じ会社のPERが変化したかどうか?を確認するという使い方がある
・業種別、同業他社でPERを比較する。という使い方がある。
・PERは意味がない、参考にならない。そんなことはない。
・PBRとPER、どちらが優れた財務分析なのか?という問いはナンセンス
・PERとPBRは比較対象の違いから、倍率の変化のスピードが違う。

財務分析を使いこなすならこの1冊

PBR,PER,REO,ROA、流動比率など様々ある財務分析のプロになりたいならこの本。入門書と言いつつ、中身は入門レベルではありません。他にもある無料で読めるオススメ本はこちら
タイトルとURLをコピーしました