【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

【FX】メキシコペソ/日本円の今後、予想。スワップ投資は非推奨

メキシコペソの今後の見通し・予想

メキシコペソというハイリスク商品の投資を進める人はどこのどいつだ~?

はい。どうもこんにちは。スワップポイント狙いのトレーダーから不評な私です。

と、いうのも、あの通貨に投資はダメ、この通貨にも投資はダメ、と様々な通貨への投資の危険性を記事に書き続けている為です。

【大損・地獄】トルコリラに投資・駄目絶対【債権・FX・投信】
【FX】大損続出!豪ドル(AUD)の特徴 為替・スワップ
【大損濃厚】ブラジルレアルの特徴。スワップ金利、FX・外貨預金

ちなみにそんな私が推奨する通貨の投資先はシンガポールドルです。

【最強】シンガポールドル円の特徴。高いスワップポイント・金利

さて、ではメキシコペソの将来、今後の予想はどうなのか?

が今回のテーマになります。

結論から言うと、メキシコペソに投資すべきではありません。

メキシコペソ(MXN)の高金利に惹かれ、投資・スワップポイント取引を行うと大損の可能性大です。

メキシコペソ/日本円の為替レートは今後、下落を続けると予想。金利収入以上の為替差損を抱えることになると予想しています。
スポンサーリンク

メキシコペソは高金利・高いスワップポイントは確かに魅力的

多くのFXトレーダーを魅了するのが、メキシコペソの高い政策金利、スワップポイントです。

メキシコ政策金利の推移

メキシコの政策金利最新のメキシコの政策金利の推移はこちら

世界的低金利時代が訪れている中、メキシコの政策金利は低くても3%。間近では7%以上の金利。これは確かに外貨預金・FXでも魅力的。

メキシコペソを取り扱っているFX業者のスワップポイントを確認

実際に、メキシコペソを取り扱っているFX業者のスワップポイントを見てみましょう。

FX業者 メキシコペソ 1日のスワップポイント比較表
・外為オンライン:130円/日
・LIGHT FX:121円/日
・YJFX!:120円/日
・セントラル短資FX:110円/日
・FXプライムbyGMO:110円/日
・ヒロセ通商(Lion FX):100円/日
・外為どっとコム:90円/日
・みんなのFX:80円/日
・マネーパートナーズ:50円/日
・GMOクリック証券:40円/日
※2020年3月末調査時点のスワップポイント

仮に、一番スワップポイントの高い、外為オンラインでメキシコペソをレバレッジ1倍で運用すれば年利は10%を越えます。

なるほど、これは確かに魅力的。

おまけに、メキシコは今後、経済大国になるとの予想されているらしいです。

スポンサードサーチ

2050年にはインド、中国、ブラジルと並ぶ経済大国へ

メキシコは様々な調査機関のレポートで「2050年には日本を超える経済大国になる」と予測されています。

例えば世界4大会計事務所(Big4)のPwCは2050年にはメキシコは日本を抜いて世界7位になると予測されています。

参考:PwC、調査レポート「2050年の世界」を発表 先進国から新興国への経済力シフトは長期にわたり継続‐インド、インドネシア、ベトナムが著しく成長 リンクはこちら

が、こういった調査期間のレポートは非常に眉唾ものです。

例えばこの調査レポートは次の条件を根拠に計算されています。

世界経済が2016年から2050年までに年平均実質成長率約2.5%のペースで成長し、経済規模が2042年までに倍増すると予想しています。その成長の主なけん引役となるのは新興市場と開発途上国です。ブラジル、中国、インド、インドネシア、メキシコ、ロシア、トルコの新興7カ国(E7)は今後34年間、年平均3.5%のペースで成長します。それに対し、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国の先進7カ国(G7)の成長は、わずか1.6%程度にとどまると見られます。

ブラジルを含めた新興国が年平均3.5%のペースで成長。これは超盛っています。キャバ嬢の髪型ぐらいの盛り具合です。

調査機関のレポートのメキシコの今後、見通し予想は盛りすぎ

実際のメキシコの経済成長率(GDP成長率)はマイナス圏にまで低下しています。

メキシコの経済成長率の推移最新のメキシコ 国内総生産(GDP)(前年比)はこちら

調査期間は何を根拠に今後年3.5%の成長が続くと予想しているのか。少なくとも2013年以降、3.5%以上の経済成長は1度も達成していません。むしろ、現在はマイナス成長という最悪の状況です。
メキシコは将来、経済大国になるという予想自体、とても怪しいものです。

そこで、今後、なぜメキシコは経済大国となると予想されていたのか?

メキシコペソの今後を予想する上でも重要となる、メキシコ経済について調べてみましょう。

メキシコ経済から、メキシコペソの今後、見通しを予想

メキシコという国はどんな国なのか?経済面から調査していきましょう。

メキシコは資源国

メキシコは原油や銀という資源を持つ資源国であり、世界有数の天然資源大国という特徴を持っています。

3Dプリンターや自動車部品、ソーラーパネルの生産に欠かせない銀の生産量は世界No1であり、経済の底堅さを持つ要因となっています。

世界の銀生産量ランキング(資料: GLOBAL NOTE

世界の銀生産ランキング メキシコは1位

2016年のメキシコ銀生産量。2017年もメキシコが引き続き1位。さらに生産量は年々増加傾向にあります。
また金生産量は世界第8位で110t(2017年)、銅は第7位の755千t、その他亜鉛、鉛といった金属資源についても上位の生産量を維持。

アメリカと隣接。北アメリカ大陸の輸出拠点

メキシコの輸入全体の約半分、輸出全体の約80%はアメリカとの取引です。

メキシコはアメリカと経済的に密接な関係を持っています。

これはメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)に参加しているために実現しています。

北米自由貿易協定(NAFTA):アメリカ、カナダ、メキシコの3ヵ国による自由貿易協定。たった3か国にも関わらず、EU(参加国27か国)よりも経済規模が大きく、NAFTAは世界最大の自由貿易圏。

進む世界・及び日本企業のメキシコ投資

日本を含む、世界の企業はメキシコに投資を続けています。

日本とメキシコは経済的な協力関係にあります。参考:日本・メキシコ経済連携協定

特に2012年以降、関係がより強化され、日本の対メキシコ直接投資額は2012年818億円に対し、2016年は2,763億円と急増。日産、ホンダ、トヨタといった日本の大手自動車メーカーもこぞってメキシコに進出しました。

もちろん日本からの投資だけでなく、世界の投資マネーも増加傾向です。

メキシコの外国直接投資流入額

(資料:国際協力銀行JBIC)

メキシコ経済からメキシコペソの今後、見通しを予想する

ここまで、メキシコ経済について紹介した内容をまとめると、

メキシコは天然資源を豊富に持っている。
輸出に適した好立地、米国とも密接な関係にある。
日本を含めた世界から投資マネーがメキシコに流入している。

なんだか、メキシコペソの今後は明るいような印象を受けます。

これが、メキシコペソへの投資を進める業者の手口です。
※私も同じ手口でメキシコペソの経済を紹介してみました。

ではここからが本題です。

なぜメキシコペソに投資・スワップポイント取引を行うと大損の可能性が大なのか?

なぜメキシコペソ/日本円の為替レートは今後、下落を続けると予想。金利収入以上の為替差損を抱えることになると予想しているのか?

こちらについて解説していきたいと思います。

スポンサードサーチ

メキシコペソ/日本円の今後は下落すると予想する理由

メキシコペソに投資を勧めない理由は様々。一つづつ解説していきたいと思います。

メキシコペソ/日本円の為替レートは下落トレンド一直線

金利・スワップポイント目当てにメキシコペソに投資をしたとしても、メキシコペソが暴落しては意味がありません。

メキシコペソ/日本円の為替レート・チャート推移

メキシコペソ/日本円の為替レート・チャート推移

最新のメキシコペソ/日本円の為替チャートはこちら

とても分かりやすい下落トレンドが発生していることが分かります。ストレートに言えばメキシコペソ/日本円は暴落。持っていれば持っているほど損が膨らむ通貨です。

下落を続けるメキシコペソに投資することは賢明な判断とは言えない状況です。

メキシコペソ安にも関わらず貿易収支は悪化の一途

通貨の価値が減少すれば、国内の輸出産業が勢いづき本来貿易収支は改善されます。

実際、1994年のメキシコ通貨危機の時はメキシコペソ高により、輸入が急増、輸出は不振となり貿易赤字が増大、その後急速に進んだ通貨安により貿易収支は大きく改善。

メキシコ貿易収支の推移

しかしながらその後、メキシコペソ安にも関わらず貿易赤字が増大しています。

豊富な資源、自動車といった工業製品という貿易品を持っているにも関わらず赤字となっている理由は何でしょう?

メキシコはアジア通貨高に苦しむ加工・組立国

メキシコは鉱工業生産の成長が鈍化しています。
豊富に持つ資源を利用した経済成長に限界を迎えつつあるということです。

一方、自動車組み立て・加工といった製造業の伸びが著しいです。

2016年の輸出品に占める工業製品は86.3%、石油4.8%、農産物・鉱物は8.9%となっており、工業製品の加工・組立が主要な産業です。既に資源で稼いでいる国では無くなっています。

加工・組立を行うには部品の輸入が必要です。

その輸入先として中国、韓国、日本といったアジアが大きなシェアを持っており、アジアから輸入した部品を利用して生産、米国に輸出しています。

対円でも、タイ人民元でもメキシコペソ安が発生しています。

つまり、メキシコペソ安になったからといって貿易赤字は改善されず赤字は拡大。メキシコは貿易で大損しているのです。

貿易赤字は通貨安への圧力を高めます。よって、今後メキシコペソは下落すると予想できます。

下がるメキシコ国債の格付け、経済成長率

2019年6月5日フィッチはメキシコの長期国債の格付けをBBB+からBBBに格下げしました。

この少し前にも、米格付け会社であるムーディーズが見通しを安定的からネガティブへ引き下げています。

1000億ドル以上の有利子負債を抱える債務超過の国有企業ぺメックスの支援を財政負担で行うといった新政権の公約などにより、メキシコ財政の悪化が懸念されていることが原因です。

メキシコは世界でも類を見る借金大国です。
対外純資産ランキングで言えば、世界で154位。

日本と比較にならないほどの借金大国です。
あのギリシャやトルコよりも大きな借金を抱えています。

参考:世界の対外純資産 国別ランキング・推移 リンク

ただでさえ、赤字続きの借金大国にも関わらず、現政権はさらに借金を上積みしようとしています。

そりゃ格付けは下がります。

冒頭でも紹介した通り、経済成長率はマイナス圏内へ、そんな状況で借金を増やしてどのように返済するのか?自転車操業も甚だしいです。

 

メキシコペソ/日本円の今後、予想は下落トレンド

以上がメキシコペソの今後の見通し、予想です。

・メキシコペソ/日本円の為替レートは今後、下落を続けると予想
・メキシコペソをFXで運用すれば年利10%越え。魅力的なスワップポイントは罠
・調査機関のレポートのメキシコの今後、見通し予想は盛りすぎ
・メキシコが資源国だったのは昔の話。今はもったら製造業で成り立つ
・メキシコペソ安にも関わらず大幅な貿易赤字。改善が見込めない。
・低成長にも関わらず借金の拡大。どうやって返すの?その借金
・格付け会社は見通し予想を格下げ。

どう考えてもメキシコペソに投資するのは危ない

外貨預金、スワップポイントで稼ぎたいのであれば、シンガポールドルと人民元がオススメです。参考:シンガポールドル解説記事シンガポールドルを毎月3万円積立た結果人民元解説記事
投資してはいけない通貨、投資するのにおすすめの通貨など、様々な通貨の解説まとめはこちらです。→ 通貨の特徴一覧を見る。

無料「FX投資マスターガイド」が使える件

FXで勝ち続けたいならブログ読むより、FX投資マスターガイドを入手した方が良いらしい。そんな話を聞いて無料の電子書籍「FX投資マスターガイド」を入手してみました。入手した感想、中身のネタバレ記事はこちら

この記事が有用だと思った方は是非お気に入り登録、ブックマーク登録、ツイッター、フェイスブックなどでシェアしてもらえると嬉しいです。

以上、最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました