【今なら無料】オススメ投資本リストはこちら

どっちを選ぶ?スキャルピングとデイトレード!稼ぎ方の違いとは?

どっちを選ぶ?スキャルピングとデイトレード!勝ち方の違いとは?

スキャルピングとデイトレード違いって何?どっちを選ぶべき?

とれろく
とれろく

今日はスキャルピングとデイトレード。どっちを選ぶべき?それぞれどんな違いがあるの?と疑問を抱えている人向けの内容です。それぞれ有効な取引手法や挑み方が異なる為、スキャルorデイトレの選択が今後のFXトレーダー人生にも大きく影響します。選択を間違えたくないのであれば最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

スキャルピングとデイトレードでは勝てる手法が違う

スキャルピングとデイトレードでは採用する取引手法を変えなければいけません。

スキャルピングでRSIの逆張りは有効だった。だからデイトレでもRSIの逆張りは有効なはず。と、考えてしまってはダメ。

それぞれポジションの保有時間、取引する時間帯や変化、利食い幅、損切り幅が違う為、同じ取引手法や考え方を採用してはいけません

とれろく
とれろく

そこでまず、スキャルピングとデイトレードの各種違いをまとめて紹介したいと思います。

スキャルピングとデイトレードの違い一覧

スキャルピングデイトレード
FX会社の選択慎重に選ぶ必要有りそこまで気にせず選んでOK
取引コストの影響大。なるべく低コストに抑える小。あまり気にしない。
儲かり度合い複利効果大。稼ぎやすいスキャルピングには負ける。
ポジション保有時間数分~数十分。数十分~24時間未満
トレードの辛さ画面を凝視。モニター張り付き凝視する必要無し。
心理的にもハード心は楽。
どんな人に向いている?取引資金が少ない人それなりに資金がある人
がっつり稼ぎたい人それなりに稼ぎたい人
冷静に取引し続けられる人心がそんなに強くない人
利食い、損切幅0.1pips~10pips程度10pips~数十pips
1日の取引回数日によっては数十回多くても5回以下程度
経済の勉強必須ではない。勉強をオススメする。
テクニカル分析の勉強超重要勉強をオススメする。
採用する取引手法・考え方後述後述
とれろく
とれろく

違いをざっくりまとめるとこんな感じ。大きく稼ぐならスキャルピング、継続のしやすさや精神的な楽さを求めるならデイトレードという感じですね。どっちが初心者向け?というと、どちらも短期売買ですし、初心者向けではありません。それなりの勉強はスキャでもデイトレードでも必須です。

それでは先程の”違い一覧表”より、もっと深く解説すべきかな?という点を紹介していきたいと思います。

スポンサードサーチ

スキャルピングとデイトレードではFX会社の選び方が違う

FX会社の中にはスキャルピングを禁止している所があります。

禁止しているFX業者でスキャルピングをすると、口座が凍結されたり、これまで稼いだ利益を没収される可能性があります。

実際、スキャルピング禁止だと知らずに取引していて口座が凍結されたという人も多くいます。

FXの仕組みをよく勉強されている人ほど、買値と売値の差であるスプレッドを比較し、なるべく取引コストが小さいFX業者を選びがち。賢い選択ではあるものの、そもそもスキャルピングOKなのかどうか?しっかり調査しなければなりません。

対して、デイトレードを禁止しているFX業者はありません。

そもそもデイトレードはスキャルピングほど売買を繰り返さない為、スプレッドといった取引コストの影響を受けにくい。色んなFX業者の中から自分好みのFX会社を選べばOKです。

とれろく
とれろく

DMM FX、YJFX、GMOクリック証券などなど多くのFX業者があるものの、私はスキャルピングするなら基本的にヒロセ通商【LION FX】をオススメしています。

またスプレッドは早朝に広がりやすいという特徴を持っています。

例えばドル円のスプレッドが0.1銭で有名なFXTFであっても、早朝は10銭以上スプレッドが広がります。スキャルピングが不可能な水準ですね。

ただし、中には早朝であってもスプレッドが広がりにくいFX業者もあります。

もし、早起きしてスキャルピングしようかな?という人は朝にスプレッドが広がらず、スキャルピングもOKというようなFX業者を選ばなければなりません。

とれろく
とれろく

こんな感じでスキャルピングはFX業者の選定が非常に重要です。大きく稼げるといえども下準備は念入りに行う必要があります。面倒だな。という人はとりあえずヒロセ通商【LION FX】でOK。

デイトレードよりスキャルピングの方が稼げる

大きく稼ぎたいならデイトレードでなく、スキャルピングを選択する必要があります。これは売買の回数と、複利効果が理由です。

FXトレーダーとして生き残り続けるには「1回辺りの損失を3%以下にする」といった資金管理が必要不可欠。1回の取引で資産が半減してしまうようなリスクを取っていてはすぐに市場から退場してしまうことでしょう。

そこで1回の取引で背負うリスクを大きくし、その分大きな利益を狙うのではなく。小さなリスクで小さな利益をコツコツ積み重ね、売買回数で資産を増やすことになります。

スキャルピングデイトレード
ポジション保有時間数分~数十分。数十分~24時間未満
1日の取引回数日によっては数十回多くても5回以下程度
利食い、損切幅0.1pips~10pips程度10pips~数十pips
レバレッジ目安25倍5倍~15倍

スキャルピングはデイトレードと比べて、ポジションの保有時間が短い。この為、デイトレードの数倍以上の売買回数を稼ぐことができます。

とれろく
とれろく

取引1回辺りの損益もレバレッジを増やすことでデイトレードと同等の水準を確保することができます。これがスキャルピングが大きく稼ぎやすい理由の1つです。

また取引回数が増えれば増えるほど、高い複利効果が得られます。

例えば取引1回ごとに資産が3%増えていくと、14回目には1.5倍、24回目には2倍、38回目には3倍に資産が増加します。

売買回数と複利効果

複利による資産推移

とれろく
とれろく

売買回数を稼ぎやすいスキャルピングは数学的に考えてデイトレードと稼ぎやすい。とはいっても、短期的に資産が大きく増えると気持ちが強気になり、正しい判断を下せなくなることも。どれだけ気持ちを安定させ、機械的なトレードができるか?がスキャルピングで稼ぐコツでもあります。

スポンサードサーチ

スキャルピングとデイトレード。どっちがオススメ?

まだFXを経験したことない人には”とりあえずスキャルピングを経験してみる”と、オススメしたいです。

FXをする=稼ぎたい気持ちが強い。ですよね。であれば大きく稼ぎやすいスキャルピングを一度は経験してみて欲しいです。資産がどんどん増えていく様がとても気持ちが良いものです。

ただし、人によっては「精神的に疲れる、私には合わない」という人も出てきます。そうやってスキャルピングからデイトレードに転向した人も実際よく聞きます。

とれろく
とれろく

まずは“勝てるか勝てないか”ではなく“自分に合いそうかどうか,継続できそうかどうか”を経験してみましょう。

既にFXの経験があり、スキャルピングとデイトレードのどちらが勝ちやすいのか?疑問に思っている人には次の助言をしたいと思います。

両社の違いから考える勝ちやすさ

FXは時間帯により、値動きの仕方や量が大きく異なります。

早朝のオセアニアタイム、日中のアジアタイム、夕方の欧州タイム、欧州と米国が重なるカオスタイム、米国タイム。

それぞれ特徴とパターンが異なる為、時間帯をまたいで取引する場合、注意が必要です。

例えばボリンジャーバンドは日中のアジアタイム以外では使わない方が良いテクニカル分析です。それ以外の時間帯のシグナルはトータルで赤字となる可能性大。

例えば平均足は夜間22時~24時までの間でしか使わない方が良いテクニカル分析です。こちらもそれ以外の時間帯のシグナルはトータルで赤字となる可能性大。

時間帯によって有効なテクニカル分析が異なる。といっても、ポジションの保有時間が短いスキャルピングであれば、トレード手法の切り替えも簡単です。

10時~16時はボリンジャーバンドの逆張り
22時~24時は平均足を使った順張り

時間帯が変わるごとに取引手法を変化させれば良いので、スキャルピングは市場の変化に対応しやすい取引手法と言えます。逆に言えば時間帯ごとの特徴と、相性の良いテクニカル分析は何か?をよく理解しておかないと、コテンぱんにやられます

とれろく
とれろく

もしスキャルピングで負けている人は自身の取引している時間帯の特徴と、採用しているテクニカル分析の相性を再チェックしましょう。

対してデイトレードはアジアタイムに売買シグナルが発生、欧州タイムで決済するというように、主要な時間帯をまたいで取引することが多い。

この為、各時間帯に発表される経済指標の良し悪しで、トレードの勝ち負けが決定することも多い

何日の何時頃にはどんな経済指標が発表される予定なのか?
為替レートにどのような影響を与える事が考えられるのか?

デイトレードはこのような経済(ファンダメンタル)について勉強しておく必要があります。

もちろん、アジアタイムは円安に傾きやすい。欧州タイムはストップ狩りが発生しやすい。といったアノマリーも押さえておくとGood

これは日経平均株価のアノマリーを調査した記事です。例えば日経平均は2月~4月は上昇しやすい、給料日付近は上昇しやすい、木曜日は下落しやすいという特徴を持っています。

為替にも調べてみると様々なアノマリーが見つかります。デイトレードの成績が安定しないという人はまずアノマリーの分析から始めるのがオススメです。

とれろく
とれろく

以上、どっちを選ぶ?スキャルピングとデイトレード!稼ぎ方の違いとは?でした。他にもFXトレーダーに役立つ記事を多く公開いているので、良ければ下記の関連記事より読んで見てもらえればうれしいですね。

タイトルとURLをコピーしました